ダイジェスチョンマイスターについて

 

ダイジェスチョンマイスター(Digestion Meister) *Digestion(英)消化、消化力

 

『ダイジェスチョンマイスター』とは、

食事から摂りいれた栄養がどのように消化分解されて体内に吸収され健康を維持しているか、その仕組みを理解し、正しい食事の仕方や日常的に体内環境をチェックし管理する方法について実践・指導ができるスペシャリストです。

2日間のダイジェスチョンマイスター講座を修了し、ダイジェスチョンマイスターに認定されることで、日本ではまだ少ない「栄養の活かし方の専門家」として、様々なフィールドで活躍し、周囲の役に立っていくことが可能になります。

情報に振り回されることなく健全な食生活を営みたい…

毎日の食生活に自信を持ちたい…

本質的な健康管理の知識とスキルを身につけたい…

家族や友人の健康に役立てたい…

仕事に役立てたい…

このようにお考えの方は、少し長くなりますが…ぜひ最後までお読みください。

 

Think How to Eat!

何故いま、消化分解と吸収なのか?

 

 

目次

1.ダイジェスチョンマイスターの役割

2.何故、今「消化分解と吸収」なのか?

3.栄養の消化と吸収が健康の90%を決める

4.「消化分解と吸収」のスペシャリストになろう

5.この資格はこんな方に向いています

 

1.ダイジェスチョンマイスターの役割

 

体を癒し健康を維持するためには、人間を構成する60兆個の細胞が正しく機能するよう栄養摂取を行うことが必要です。
近年は健康志向の高まりから、食生活に気をつかう方も増えてきました。しかし、近頃は「何を食べるべきか」や「何を食べてはいけないか」ばかりの情報に溢れ、いったい何をどうすれば良いのか分からなくなってしまう…、という方が多いのはでないでしょうか。

gatag-00007102

例えば、

食べ物はオーガニックの方がいいの?

添加物は避けるべきなの?

グルテンって避けた方がいいの?

肉や乳製品の食べ過ぎは良くないの?

糖質制限ってしたほうがいいの?

美容や健康には何を食べればよいの?

・・・・などなど

ひとたびメディアやSNSにアクセスすれば様々な情報が飛び交っています。情報の洪水で、情報に振り回され、もしそれ自体がストレスとなり健全な食生活を営めなくなってしまったとしたら…?それは決して、良いことではありません。

ここでまずはじめに、私たちが食生活を営む上で理解しておくべき大切なことは、食べたものがそのまま私たちの体の栄養になるわけではないということ、です。

口の中に入れて食べたものが60兆個の細胞に栄養として届けられるには、食材を消化分解し、正しく吸収させるプロセスが不可欠ですが、残念ながら多くの人はこのことをあまり意識していない、と考えています。

なんだそんなこと知ってるよ、と当たり前の話に聞こえるかもしれません。
しかし、食材にこだわったり、献立にこだわったり、または危険だと言われる添加物や化学物質を避けるようになっても、以前より健康になったという方の話はあまり多く聞こえてきません。これは何故でしょうか?

現代人を悩ます生活習慣病の多くが、細胞臓器の機能が低下し、それが慢性化した結果の症状です。言い換えれば、各細胞に正しく栄養が届けられていない結果であるともいえます。
最適な健康を得るためには、何を食べるか(あるいは食べないか)の前に、どのように食べるか、栄養を活かす為の体内環境をどのように管理していくか、を考えることが大切なのではないでしょうか。

そこで当協会では、栄養の消化分解・吸収と、日常のなかで体内環境をチェックする方法について正しく学び、人に伝えることができるダイジェスチョンマイスターの育成に力を入れています。

「Think How to Eat!」

という理念のもとに共感し、志を同じくして集まった仲間とともに、健全な食生活を、そして本質的な健康管理を、世の中に伝えていきたい、そう考えています。

 

2.何故、今「消化分解と吸収」なのか?

 

自転車をイメージしてみてください。車輪が2つついています。ペダルをこいで道を前に進むことができます。

でも、この車輪の一方が動かなかったらどうでしょうか?例えば前輪は回るけど、後輪が何かの原因でストップしてしまったら…?自転車はスムーズに前には進みませんね。
もしくは同じところをぐるぐる回るだけかもしれません。

この前輪を「食事」、後輪を「体内環境」として考えてみると分かりやすいでしょう。

どんなに食材の良し悪しや献立にこだわっても、食べた後の体内環境に全く目を向けなかったり、メンテナンスを怠ったりしていれば「健康生活」という道を前に進むことはできません。

ここでいう体内環境とは、すなわち、「栄養の消化分解・吸収力」です。

どんなに栄養満点の食材を食べても、その栄養がしっかり消化され体に吸収されなかったらどうでしょうか?せっかく高いお金を出してオーガニックの食材を食べても、その食材に含まれている栄養を十分に活かすことが出来ないとしたら?
…凄くもったいない!ですよね。私たちは食べる前のこと、つまり食べ物については必要以上に気にする傾向がありますが、食べた後のことはほとんど意識せず、おざなりになりがちです。
つまり、食事内容と同様に、体内環境にももっと目を向ける必要があるはずです。

point-01

ダイジェスチョンマイスターは、まさにこの「消化吸収力」を健全に保つ方法に精通したスペシャリストなのです。

人間の口から肛門まではいわば一本の土管、のような状態です。
この土管の内側に栄養が入ってはじめて血流にのり、全身に運ばれて必要な細胞臓器に届けられその役割を果たしています。ですから、口の中に入れただけではまだ、体の内側に入っていないことを意識して、栄養をしっかり届けてあげることが大切なのです。

 

3.栄養の消化と吸収が健康の90%を決める

 

さて、次に「栄養」について考えてみましょう。そもそも栄養の役割ってなんでしょうか?

人間は食べたものでできている、とはよく言いますが、三大栄養素である、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質を筆頭に、ビタミンやミネラル、その他ファイトケミカル等、食事から得られる栄養が私たちの体をつくる60兆個の細胞の材料となり、エネルギーとなり、健康を維持しているわけです。先ほどの自転車のたとえでいうならば、栄養がタイヤやフレームなど自転車を形作る基であり、チェーンをうごかす潤滑油でもある訳です。ですから、この栄養が慢性的に不足した状態であると、当然ながら体のいたる所でガタが生じ、それが慢性化すると様々な症状として現れてしまうのは当り前の話かも知れません。

ここでカギになるのも、消化吸収力です。
どんなに栄養豊富な食材を体にいれてもその栄養が消化分解され吸収され、細胞に届いて働かなければ役に立ちません。

JANMF_logo_teian-01

また、体にとって不必要なもの、有害なものを体外に排出するのもまた、消化吸収力の役割の一つです。

口から肛門までの土管は薄い粘膜で体内と体外を区切っており、吸収しなくてはならない栄養素と、侵入させてはいけない異物の取捨選択をしています。この機能が十分に働いていれば、たとえケミカルな添加物や重金属が口から入っても、解毒のスイッチが入って排出され、悪影響を及ぼすことはありません。

人間が生きていくうえで必要なことが食事だとすれば、その食事を活かすも殺すも私たちの消化分解吸収能力に関わっていると言えるのではないでしょうか。

 

4.「消化分解と吸収」のスペシャリストとして

 

ここまで読み進めて頂くと、栄養の消化分解と吸収がいかに大切であるかお分かりいただけたと思います。
このプロセスを正しく理解し、自分の体内環境をチェックする術を知っていれば、食材や調理方法に過剰にこだわったり、サプリメントや健康食品に依存したりすることなく、最適な健康を「主体的に」選び取っていくことが可能です。

日常の生活の中で、食事の栄養がどのように体の中に入ってきて、どのような役割を果たし、どう代謝されるのか、体の仕組みはどうなっているのか、年齢と共にどう変化していくのか、環境やストレスと共にどのように変化するかを理解し、自分の体の消化吸収能力をチェックするスキルを持っていれば、適切に健康を管理していくことが出来るはずです。
何より、毎日の食生活に自信が持てます。

 

AdobeStock_34024821

 

当講座は、ただ単に「消化分解と吸収」のメカニズムについて教えるだけのものではありません。

ご自身や家族の健康に役立てるようになるのはもちろんのこと、その道のスペシャリストとして周囲の人に伝えていくことができます。

例えば、勉強会や健康セミナーの新メニューとして採用したり、クライアントへの食生活の指導や地域コミュニティ等での食育推進の強力な武器として活用できるようになります。

5.この資格はこのような方に向いています

 

栄養や健康に関するお仕事をされている方はもちろん、栄養と健康に興味のあるすべての方が対象です。

≪例えば以下のような方々にお勧めです≫

・栄養や食事に携わる方…例)栄養士、調理師、フードコーディネーター等、食に関する資格保有者

・食材の生産や提供に携わる方…例)農家、酪農家、飲食業、食品メーカー

・健康や医療に携わる方…例)病院、歯科医院、整体院、健康食品、セラピスト

・食育や教育に携わる方…例)自治体・学校関係者、主婦・主夫

・食を通して健康になりたい方

 

食や栄養は生きていく上で必要不可欠なものです。
だからこそ、ダイジェスチョンマイスター資格を取得することで、 あなたの生活や人生に大きく役立ちます。
そして、あなたがこの先仕事をしていくにあたり、この資格があなたの財産となり、あなたを守っていきます。

本講座で得られる知識とスキルをぜひ幅広い方々へ伝えていってください。

 


 

資格取得後のイメージ 詳しくはこちら

 資格取得者の声 ダイジェスチョンマイスターにインタビューしました!(随時更新)

資格取得後からはじまる夢や希望をぜひイメージしてみてください。
ダイジェスチョンマイスターを取得したあなた様の“その後の人生や仕事”に役立てて欲しいから、協会は様々な機会を用意していきます。
syousaibutton-01

資格取得後のフォローアップ

mousikomifollow-01

ダイジェスチョンマイスターとして認定された方には、協会が最大限のサポートをします。

・認定証の発行(名刺等に記載可)
・認定カードの発行
・フォローアップ研修会の開催
・協会主催セミナー等への優待
・資料の提供
・商品販売権
・入門講座の開催権 他