新・医食同源 おいしい栄養医学ブログ

一般社団法人 日本栄養医学食養協会 <JANMF>

Think How to Eat more than What to Eat. ~何を食べるかより、どう食べるか~
人間の身体をつくり健康を維持する食事。食べたものが「栄養素」として細胞に届けられ機能するためには、食材を消化分解し正しく吸収させるプロセスが不可欠です。

しかし、残念ながら多くの現代人は食事内容もさることながら正しい食事行動に基づいたセルフケアに無自覚がゆえに、慢性的な栄養失調を招き、様々な症状に悩む人が増えています。

日本栄養医学食養協会は、「栄養の代謝過程(消化分解と吸収)の正しい知識と体内環境をセルフチェックし管理するスキルを伝えていくことで、現代人の予防・未病改善、積極健康に貢献する」という思いのもと、我が国、栄養医学パイオニア : 故・佐藤章夫先生により ’16年7月に創立されました。

本協会は先生の意志を受け継ぐと同時に、栄養医学を暮らしで実践する「医食同源おいしい栄養医学」として進化させ、キッチンから始める食養法の啓発と普及に務めてまいります。

 

JANMF Founders : 協会の設立メンバー

佐藤章夫先生

(故)佐藤章夫先生<JANMF名誉理事/PhD, CCN>

‘58年生・玉川大学農学部,卒。’17年7月逝去。
米国National Healing College
米国・臨床栄養士(CCN)
米国・ホリスティック栄養士(HN)
米国・ハーブ処方士(HP)
米国・医学博士号(PhD)
(株)栄養医学研究所・所長(〜’17/7月)
日本栄養医学食養協会・代表理事
鶴見大学歯学部・非常勤講師
青山外苑前クリニック栄養療法外来

関口祐介

関口祐介<JANMF代表理事>

’74年生・早稲田大学教育学部,卒。
★サラリーマンを経て自然食品/サプリ
販売会社に創業メンバーとして参画。
★製品企画/マーケティング担当役員/副社長
としてヘルス・ケアビジネスに15年間
携わる過程で佐藤章夫先生と出会う。
★‘16年7月: 教育活動を通じ '現代人の健康
長寿に貢献する' との想いから日本栄養医学
食養協会を佐藤先生と設立。

協会からのお知らせ

【終了しました】新 医食同源おいしい栄養医学 サテライト(4/15@広島)

暮らしに役立つ薬膳 ~体質チェックと食べ合わせ~【春のレシピ編】 春は“芽吹き”の季節。寒さでじっ

【終了しました】新医食同源おいしい栄養医学 ダイジェスチョンマイスター BASIC講座(4月8日)

2018年4月よりBASIC講座がスタート。第一期生を募集します! 健康や病気予防のためには、「何を食べるかよ

新ダイジェスチョンマイスター認定講座について

ダイジェスチョンマイスター(DM)認定講座は、現代人の慢性疾患や病気予防のため、栄養の代謝過程 (咀嚼~消化~分解~吸収)の正しい知識と食養法、および体内環境のチェック法の啓蒙/普及を目的として佐藤章夫先生により創設された資格講座です。2018年度より食事療法を実践する山道医師を理事/講師に迎えカリキュラムを刷新し、新しいDM講座としてヴァージョンアップしました。