新・医食同源 おいしい栄養医学ブログ

一般社団法人 日本栄養医学食養協会 <JANMF>
創立〜新生の物語

JANMFは、佐藤章夫先生と関口が二人で創立しました。
先生・急逝の1年前、2016年7月のことでした。

その目的はダイジェスチョン・マイスター(DM)と呼ぶ、栄養医学・門下生の輩出でした。

佐藤先生は栄養医学の本場・米国における開祖・伝道師:J.V.ライト医師の愛弟子です。この栄養医学の継承者がDMです。

食物は:消化〜分解〜吸収されて「栄養」となります。
そしてこの栄養は、60兆個ある全細胞に届けられます。
この壮大な命の営みを「代謝」と呼ぶのです。

栄養医学はこの代謝過程に焦点を絞ります。
つまりは「どの様に食べる」と健康になるか?
あるべきHow To Eatを追求する「医療」です。

「慢性症状から一般の人を救うことを、今後の使命としたい。」この言葉が佐藤先生のご遺志となりました。
佐藤先生は医師ではありません。つまり日本では、医療としての栄養医学を実践できませんでした。
協会は先生の遺志を受け、山道医師を理事に迎えました。

この新体制の下、栄養医学をキッチンから始める:
「新医食同源おいしい栄養医学」
暮らしで実践する「食の療法」として広めて参ります。

2017年12月15日
日本栄養医学食養協会
代表理事 関口祐介

 

JANMF Founders : 協会の創始者

佐藤章夫先生

(故)佐藤章夫先生<JANMF名誉理事長/PhD, CCN>

‘58年生・玉川大学農学部,卒。’17年7月逝去。
米国National Healing College
米国・臨床栄養士(CCN)
米国・ホリスティック栄養士(HN)
米国・ハーブ処方士(HP)
米国・医学博士号(PhD)
(株)栄養医学研究所・所長(〜’17/7月)
日本栄養医学食養協会・代表理事
鶴見大学歯学部・非常勤講師
青山外苑前クリニック栄養療法外来

関口祐介

関口祐介<JANMF代表理事>

’74年生・早稲田大学教育学部,卒。
★サラリーマンを経て自然食品/サプリ
販売会社に創業メンバーとして参画。
★製品企画/マーケティング担当役員/副社長
としてヘルス・ケアビジネスに15年間
携わる過程で佐藤章夫先生と出会う。
★‘16年7月: 教育活動を通じ '現代人の健康
長寿に貢献する' との想いから日本栄養医学
食養協会を佐藤先生と設立。

協会からのお知らせ

第三期 ダイジェスチョンマイスター認定講座(2月24,25日)

本年度より「新カリキュラム」で再開します! これまでの佐藤先生講義をベースに、山道医師監修による

【終了しました】新・医食同源 おいしい栄養医学 入門講座(18年1月20日)

‘栄養医学’ の基礎を学んで‘暮らし’ に取り入れる 産婦人科医と栄養コンサルタントが、現代慢性疾患

新ダイジェスチョンマイスター認定講座について

ダイジェスチョンマイスター(DM)認定講座は、現代人の慢性疾患や病気予防のため、栄養の代謝過程 (咀嚼~消化~分解~吸収)の正しい知識と食養法、および体内環境のチェック法の啓蒙/普及を目的として佐藤章夫先生により創設された資格講座です。2018年度より山道医師を理事/講師に迎えカリキュラムを刷新し、新しいDM講座としてヴァージョンアップしました。